24日の東京外国為替市場でドル円は軟調。10時時点では106.52円とニューヨーク市場の終値(106.86円)と比べて34銭程度のドル安水準だった。特に新規の取引材料は伝わっていないが、米中対立激化懸念が高まるなか、中国が本日にも報復措置を発表するとの憶測もあり、リスク回避の動きが強まった。昨日安値の106.71円を下抜…