14日の東京外国為替市場でドル円は軟調。10時時点では113.92円とニューヨーク市場の終値(114.20円)と比べて28銭程度のドル安水準だった。日経平均株価が500円超安まで売りに押されたことをながめ、リスク回避目的の円買いが強まった。市場では「仲値にかけて国内輸出企業からの売りが持ち込まれた」との指摘があったほ…