8日の東京外国為替市場でドル円は強含み。10時時点では111.71円とニューヨーク市場の終値(111.63円)と比べて8銭程度のドル高水準だった。日経平均株価が一時580円超上昇するなど大幅高となったほか、時間外の米10年債利回りも上昇したことをながめ、買いが先行。また、本日は週末の実質5・10日とあって市場では「仲値に…