7日の東京外国為替市場でドル円は底堅い。10時時点では115.95円とニューヨーク市場の終値(115.83円)と比べて12銭程度のドル高水準だった。日本株が買い戻し優勢、時間外の米株先物も持ち直すなかリスクオンの円売り戻しが意識された。3連休を控えて本邦実需のドル買いも出たとの声も聞かれ、116円を超えて116.05円まで…