15日の東京外国為替市場でドル円は堅調。10時時点では113.88円とニューヨーク市場の終値(113.68円)と比べて20銭程度のドル高水準だった。東京勢が参入するにつれてドル買いが強まり、13日の高値113.80円を上抜けて2018年11月以来の高値となる113.93円まで上げ幅を伸ばした。原油高が進むなか、週末の5・10日(ゴトー日…