6日の東京外国為替市場でドル円は下値が堅い。10時時点では110.26円とニューヨーク市場の終値(110.18円)と比べて8銭程度のドル高水準だった。朝方につけた安値の110.13円付近まで弱含む場面があったが、市場では「仲値に向けて本邦実需勢からの買いが観測された」との指摘もあり、一巡後は110.30円まで反発した。 ユー…