9日の東京外国為替市場でドル円は下げ渋り。10時時点では105.98円とニューヨーク市場の終値(106.03円)と比べて5銭程度のドル安水準だった。2万3000円割れで弱含む日経平均を眺めて再び105.90円割れとなるも、急速に買い戻された時間外の米株先物を受けて下押しも限定的だった。 なお、新型コロナワクチンの治験を一時…