1日の東京外国為替市場でドル円は底堅い。10時時点では110.79円とニューヨーク市場の終値(110.72円)と比べて7銭程度のドル高水準だった。新年度相場となって仲値にかけて110.82円までじり高。日経平均が370円超高まで上げ幅を拡大したのも支えとなった。 日銀短観(3月調査)は、大企業製造業の業況判断指数(DI)が予…