[ユーロ]「もみ合いか、ドイツ企業景況感などが手掛かり材料に」 来週のユーロ・ドルはもみ合いか。ユーロ圏経済の早期回復への期待は高まっていないことから、1月ドイツIFO企業景況感が注目される。市場予想を下回った場合、ユーロ売りが強まる可能性があるが、米長期金利が伸び悩んだ場合、リスク回避的なユーロ売り・…