ロイター通信などは、複数の関係者の話を基にして、日本政府は、国と地方の基礎的財政収支(プライマリーバランス)について、足元の税収増加を考慮して高成長を前提とした場合、2026年度に黒字化するとの見通しを持っていると報じた。