日本の内閣府が6月8日発表した2021年1−3月期国内総生産(GDP)改定値は、前期比年率-3.9%で市場予想を上回った。速報値は前期比年率-5.1%で上方修正となった。需要項目別にみると、個人消費は前期比-1.5%、住宅投資は+1.2%、設備投資は-1.2%、公共投資は-0.5%。内需の寄与度は−0.8%、外需は-0.2%で内需がさえな…