ユーロドルは1.1576ドルまで下押しし、ユーロ円も129.38円前後でやや伸び悩み。なお日本時間15時に発表された8月独製造業新規受注(前月比)は7.7%減と予想の2.1%減を下回った。マイナス幅としても20年4月以来の低水準となり、足もとの独景気減速への懸念もユーロの重しとなっているか。