週明けのユーロドルは1.13ドル台では上値重く、7時2分時点では1.1290ドル前後での値動き。なお一部メディアが先週末、米政府関係者の見解「西側諸国の介入がなければ、数週間の内にロシア軍のウクライナ侵攻が開始される可能性がある」を報じているが、今のところユーロ相場の反応は限られている。