伊政局不安も重しに、ユーロドルは一時1.2140ドルまで下押し、ユーロ円は126.22円まで安値を更新した。レンツィ元首相が連立からの離脱を示唆し、伊政局の緊迫度が高まっている。