ユーロスイスフランは1.0918フラン前後で推移。昨日は2月23日以来の安値となる1.0911フランをつけ、その後の戻りも鈍い。ブリンケン米国務長官が容易にイラン制裁は解除できないとの見解を示したことや、プーチン露大統領が欧州安保に影響する領空開放条約の脱退法案に署名するなど、地政学リスクの高まりに繋がるニュー…