産油国通貨であるノルウェークローネ(NOK)は、朝方に対ユーロで2月26日以来となる10.4783NOKまでNOK売りが進み、15時54分時点も同水準近辺で取引されている。 週末に石油輸出国機構(OPEC)プラスによる8月からの減産縮小が発表され、原油先物価格が売られていることがNOK売りを導いている。