15日のニューヨーク外国為替市場でドル円は底堅い。4時時点では109.39円と2時時点(109.39円)とほぼ同水準だった。米10年債利回りが1.31%まで上昇したことや、ダウ平均が一時300ドル超上昇したこともあり、リスクオンの円売りがやや優勢になり、ドル円は109.45円近辺まで買い戻され底堅い。 ユーロドルは下げ渋り。4時…