17日のニューヨーク外国為替市場で、ドル円は下落幅を拡大。4時時点では114.06円と2時時点(114.34円)と比べて28銭程度のドル安水準だった。米10年債利回りの1.6%割れなどをながめ円買い・ドル売りが進行。ダウ平均が210ドル超下落したことも相場の重しとなった。投げ売り気味に昨日安値114.10円を下抜け。一時113.94円…