27日のニューヨーク外国為替市場でドル円は小動き。4時時点では105.38円と2時時点(105.30円)と比べて8銭程度のドル高水準。105.30円台で戻りの鈍い動き。米中関係が一段と悪化し、今週に米連邦公開市場委員会(FOMC)を控えて金融緩和の長期化が見込まれていることが、ドル円の重し。低調な米2・5年債入札を手がかりに…