14日のニューヨーク外国為替市場でドル円は弱含み。24時時点では105.65円と22時時点(105.93円)と比べて28銭程度のドル安水準だった。欧州序盤からのドル売りが継続した影響を受けた。先週のレンジ下限だった105.80円をブレイクすると下値を試す向きが増え、一時105.55円まで下げ足を速めた。もっとも、対欧州通貨を中心…