15日のニューヨーク外国為替市場で、ユーロ円は戻りが鈍い。2時時点では129.88円と24時時点(130.03円)と比べて15銭程度のユーロ安水準だった。売り優勢で寄り付いたダウ平均はプラスに転じたものの、小幅高の場面もあったナスダック総合が一時100ポイント以上の下落となるなど米株がさえず。クロス円は再びリスク回避を…