15日のニューヨーク外国為替市場でドル円は堅調。2時時点では105.38円と24時時点(105.28円)と比べて10銭程度のドル高水準。欧州通貨やオセアニア通貨と比較し、ドル買いが遅れていたこともありドル円は105.44円まで上昇し堅調に推移した。もっとも円に対しての動向に多くの市場参加者の興味は薄く、一日のレンジを通し…