14日のニューヨーク外国為替市場でドル円は下落した。2時時点では103.66円と24時時点(104.09円)と比べて43銭程度のドル安水準。米新規失業保険申請件数が予想より悪化したことや、米株高を受けたリスクオンムードがドルの重しとなり、全般ドル売りが優勢。ドル円は103.64円まで弱含んだ。 ユーロドルは下げ渋る。2時時…