16日のニューヨーク外国為替市場でドル円は神経質な動き。4時時点では105.00円と2時時点(104.90円)と比べて10銭程度のドル高水準だった。 米連邦公開市場委員会(FOMC)は市場予想通りにFFレート誘導目標を0.00−0.25%で据え置き、同時に発表した金利見通しでは2023年までゼロ金利を維持する方針を示した。声明文でも…