4日のニューヨーク外国為替市場でドル円は続伸。終値は107.98円と前営業日NY終値(107.01円)と比べて97銭程度のドル高水準だった。米追加経済対策や新型コロナウイルスのワクチン普及による米経済正常化期待から米長期金利が上昇基調を維持。日米金利差拡大への思惑からNY市場に入っても円売り・ドル買いの流れが続いた。…