4日のニューヨーク外国為替市場でドル円は小幅上昇。終値は106.24円と前営業日NY終値(106.19円)と比べて5銭程度のドル高水準だった。米労働省が発表した8月米雇用統計で、非農業部門雇用者数は前月比137.1万人増とほぼ予想通りの結果となったが、失業率が8.4%と予想の9.8%より強い数字となったことを受けて全般ドル買…