8日のニューヨーク外国為替市場でユーロ円は頭が重い。24時時点では124.94円と22時時点(125.07円)と比べて13銭程度のユーロ安水準だった。ダウ平均が一時630ドル超下落し、ナスダック総合が3.8%超下落すると、投資家がリスク回避姿勢を強め円買い・ユーロ売りが優勢となった。23時前に一時124.70円と日通し安値を付け…