11日のニューヨーク外国為替市場でドル円は下げ渋り。24時時点では108.49円と22時時点(108.56円)と比べて7銭程度のドル安水準だった。欧州株相場やダウ先物の下落を背景にリスク・オフの円買い・ドル売りが先行。前日の安値108.47円を下抜けて一時108.35円まで値を下げた。ただ、前週末の安値108.34円が目先サポートと…