15日のニューヨーク外国為替市場でドル円は底堅い動き。24時時点では105.37円と22時時点(105.31円)と比べて6銭程度のドル高水準だった。欧州株相場が軒並み上昇し、時間外のダウ先物が160ドル超上昇していることもあって、リスク・オンの円売りが根強い。21時前に一時105.27円付近まで下押ししたあとは105.40円付近まで…