15日のニューヨーク外国為替市場でドル円は下げ渋り。24時時点では109.29円と22時時点(109.37円)と比べて8銭程度のドル安水準だった。21時30分前に一時109.11円と8月16日の安値に面合わせしたものの、9月米NY連銀製造業景気指数が予想を大きく上回ったことが分かると反発した。米長期金利が上昇に転じたことも相場を下…