3日のニューヨーク外国為替市場でドル円は弱含み。24時時点では106.23円と22時時点(106.39円)と比べて16銭程度のドル安水準だった。ダウ平均が一時390ドル超下落し、ナスダック総合が3.8%超急落するとリスク回避的な円買い・ドル売りが強まった。24時前に一時106.13円と日通し安値を更新した。 なお、23時発表の8月米I…