12日のニューヨーク外国為替市場でドル円は頭が重い。24時時点では105.28円と22時時点(105.33円)と比べて5銭程度のドル安水準だった。10月米消費者物価指数(CPI)が前月比横ばい/前年比1.2%と予想の前月比0.1%/前年比1.3%を下回ったことが分かると、米長期金利の低下とともにドル売りが先行。アジア時間の安値105.…