22日のニューヨーク外国為替市場でドル円は3営業日ぶりに反発。終値は103.78円と前営業日NY終値(103.50円)と比べて28銭程度のドル高水準だった。欧州株相場や時間外のダウ先物、コモディティ価格などの下落を背景に、リスク・オフのドル買いが先行。103.80円超えに観測されていたストップロスの買いを誘発すると、23時…