20日のニューヨーク外国為替市場でドル円は3営業日ぶりに反落。終値は109.44円と前営業日NY終値(109.93円)と比べて49銭程度のドル安水準だった。巨額債務を抱え経営危機に陥った中国不動産開発大手、中国恒大集団のデフォルト(債務不履行)懸念を背景に、世界的に株価が急落。投資家がリスク回避姿勢を強め、円買い・…