7日のニューヨーク外国為替市場でドル円は底堅い。2時時点では110.21円と24時時点(110.21円)とほぼ同水準だった。110.25円まで日通し高値を更新後、米長期金利が上昇幅を縮めると110.15円近辺まで下押す場面があった。ただ欧州時間から見られたドル高の流れは変わらず、下値の堅さを確認すると110.20円台を再び回復した…