4日のニューヨーク外国為替市場でドル円は伸び悩み。2時時点では109.28円と24時時点(109.19円)と比べて9銭程度のドル高水準だった。24時過ぎにイエレン米財務長官の発言「景気過熱を抑制するため金利上昇が必要になる可能性」が伝わると、米長期金利の下げ幅縮小と共に109.42円付近まで急ピッチで買い戻された。もっと…