19日のニューヨーク外国為替市場でドル円は3日続落。終値は105.45円と前営業日NY終値(105.69円)と比べて24銭程度のドル安水準だった。欧州・オセアニア通貨に対してドル安が進んだ流れに沿って、22時前に一時105.24円と日通し安値を付けたものの、16日の安値105.18円がサポートとして意識されると下げ渋った。米10年債…