16日のニューヨーク外国為替市場でドル円は4日続伸。終値は106.04円と前営業日NY終値(105.38円)と比べて66銭程度のドル高水準だった。20時過ぎに一時105.18円と日通し安値を付けたものの、米長期金利の上昇を手掛かりにドル買い戻しが強まると持ち直した。米追加経済対策や新型コロナウイルスワクチン普及への期待から…