ドル円は、東京市場が休場で閑散取引の中、110.25円前後で推移。米国東部時間7月21日の午後、米上院は、バイデン大統領が超党派と合意した1兆2000億ドル規模のインフラ投資法案の審議開始に向けた動議の採決を行ったが、反対51、賛成49で否決された。来週26日に再採決される可能性がある、と報じられている。米上院は民主…