ドル円は、米中対立激化への警戒感からストップロスをヒットして106.53円まで下落した。106.50円には大口のドル買いオーダーが控えていることで、下げ渋る展開となっているが、中国政府が報復措置を発表するのではないか、との警戒感が高まっており要警戒か。