ドル円は、米国3連休を控えた仲値不足観測、日米株価指数が下げ幅を縮小していることなどで、106.21円までじり高。ユーロ円も125.86円まで連れ高。