ドル円は、米連邦準備理事会(FRB)による金融緩和策の長期化・強化観測やアベノミクスの終焉を受けて、105.47円まで下げ幅拡大。ユーロ円も125.50円まで連れ安に推移。