ドル円は、米7月個人所得と消費支出が予想を上回ったことで、105.20円の安値から105.40円前後へ反発。