ドル円は、ハト派的な米連邦公開市場委員会(FOMC)声明への警戒感や予想を下回った米8月小売売上高を受けて、104.86円まで下げ幅拡大。