軟調な米株価動向をながめたリスク回避の円買いや、米10年債利回りの1.603%前後までの低下を受けたドル売りで、ドル円は昨日安値114.10円を下抜け一時113.96円まで下落。2日ぶりの114円割れとなった。