ドル円は戻りが鈍い。南アフリカでの変異株検出をきっかけにリスクオフムードが広がるなか、一時114.57円と本日安値を更新した。時間外の米10年債利回りは前営業日比で9bp以上低下しているほか、米5年債利回りは10bp以上の大幅低下となるなど、米長期金利の低下も嫌気されている。 米感謝祭明けとはいえ、休みを取ってい…