ドル円は下値を探る展開。新型コロナウイルスの新変異株がリスクオフの発端となっているが、それに加えて米感謝祭明けの薄商いで小さなアマウントでも値が振れやすい点も重なって一方的な円高相場と化している。節目の114円を割り込んで113.90円まで下げ幅を拡大した。 なお、時間外のダウ先物は880ドル超安、米10年債利…