ドル円は下値が堅い。朝方に一時113.21円まで下落したものの、時間外の米10年債利回りが1.54%台まで上昇して始まったことを受けて113.33円まで切り返すなど、依然として米金利動向に振り回される展開となっている。