ドル円は伸び悩み。110.70円まで上昇する場面があったが、110.80円にかけて断続的に観測されている売りを前にいったん買いは一服している。時間外の米10年債利回りが1.40%台まで低下していることも重しに110.54円まで下押しした。