ドル円は軟調。時間外の米10年債利回りが低下傾向にあるなか、一時109.38円と3月29日以来の安値を付けた。先月31日高値の110.97円を起点としたダウントレンドを形成する向きも増え始めており、仕掛け売りには要警戒か。